アスペルガー症候群の子供の「困った」行動は、社会性・コミュニケーション能力・想像力の障害によって引き起こされているだけなのだということを理解して、それに適した対応をすることが一番得策です

どうすれば、その子供の特質を生かせるようになるのかを考え、得意な分野を伸ばしてやる手助けをすることが、その子供の自立を助け、将来のためにもなります。では、具体的にはどのように接すればよいのかと言いますと、まず、その子供が予測しやすい環境を与えてやることが大切です。この症候群の子供は、普遍的なものに対しては安心感を覚えますが、急な予定変更などには対応できないのが特徴です。もしも、どうしても予定を変更しなければならなくなった時には、なるべく早く伝えることが必要です。事前に何も伝えずに突然予定を変更すると、パニックを起こしてしまう場合もあります。また、音や光や臭いなどの刺激に過敏だという特徴がありますので、静かで穏やかな環境を作ってあげることも大切です。同様に、接する際の態度も冷静に穏やかにする必要があります。決して感情的になってはいけません。感情に任せて叱りつけても、その子供は大人の激した態度にだけ注意が行ってしまい、大人が本当に伝えたいと思う内容は何も伝わりません。さらに、抽象的な表現は理解できませんので、何か指示を与える際は具体的に行うことが必要です。周囲の大人のそのような接し方こそが「困った」行動を減らすためには一番効果的なのです。

中国語教室 大阪 口コミ

ハリ治療って痛いですか?

病院に行って診察してもらったら、糖尿病だと言われました。

永久脱毛が楽ちん